@isosuke Writing Blog

Where there is technology to move the mountains, you do not need the faith to move mountains

新生活へ向けて音楽で心をリラックスモードに! Apple Musicで聴けるリラクゼーションアルバムを5枚紹介するよ

2018年もあっという間に2ヶ月が経過。受験生を終えた学生さんや新社会人の皆さんもそろそろ春の新生活に向けて準備を始めているのではないでしょうか。

馴れない土地に引っ越して生活を送る準備をしたり、新しいクラスや異動先の部署など知り合いがいないコミュニティに馴染めるかどうか不安だったりします。

そんなとき心の拠り所の1つとなるのが「音楽」。

音楽には人の心を奮い立たせたり落ち着かせたりする力があります。

最近ではスマートフォンに好きな音楽を保存して聴いたり、Apple MusicやSpotifyなど音楽ストリーミングサービスを使ってお気に入りの曲にアクセスしたりできますよね。

特に通学や通勤時間、モチベーションを上げたいときやリラックスしたいときに音楽を聴いている人が多いかと思います。

今日はApple Musicで聴ける、リラックスしたいときや癒されたいときに効果がありそうなリラクゼーションアルバムを5枚紹介します。 

ではさっそくチェックしていきましょう。

 

働く人の通勤音楽〜ストレス緩和

新生活の最初の難関は通勤です。マジで都会の通勤ラッシュはスーツだけじゃなくて心もしわくちゃになります。 長い人だと1時間以上、見知らぬ他人と密着しなきゃいけないわけで、ついさっきまでいたぬくぬくの布団に戻りたいよ…とか思います。

そんなときは、イヤフォンを付けて聴覚からストレスを緩和しましょう。「朝もやの向こう」を聴いていると高速で轟音を鳴らして走る電車に乗りながらにして、朝の閑静な公園を散歩している気分になれます。公園を散歩している気分で通勤いいじゃないですか。今日も1日やっていける気分になれます。

 

<音のアロマテラピー>森からの贈り物

進学したり就職したり部署が変わったりすると自己紹介や挨拶する機会増えますよね。特に自己紹介のみんなの視線が自分に集中する感じ「なんとなく緊張するなあ〜」という人多いのでは?

そんなときは「森からの贈り物」を聴きましょう。水滴の滴る音と壮厳なメロディが昔懐かしいロールプレイングゲームの主人公になった気分にさせてくれます。

自己紹介もゲーム感覚で乗り切れそうです。むしろそう思わないとやってられません。

自分が自分の人生の主人公です。乗り切っていきましょう。

 

ぐっすり眠れるα波 ~ ディズニー プレミアム・オルゴール・ベスト

ついつい友達と長い時間通話したり、YouTube見るのが止められなくて夜更かししていませんか?中には短時間睡眠でも翌日まったく問題ない人もいるのですが、約8割の人にとって1日7〜8時間寝ることは心と身体の健康にとても大切です。

寝る前に心を落ち着けるにはオルゴールの音色がピッタリ。とくに親しみのあるアナ雪や美女と野獣を聴きながら目を閉じるといい夢が見られそうです。

 

マインドフルネス瞑想トレーニング: 心を落ち着かせる音楽, リラクゼーションヨガ, チャクラ, レイキヒーリング

仕事や勉強でパソコンに集中したり机に向かったあとは身体がむくんだり、コリがひどくなったりするもの。1日の疲労をリセットするためには寝る前に簡単な瞑想やストレッチをするのがいいのだとか。

新生活は気の張る場面も多いので、自宅でゆったりとしたリズムの「マインドフルネス瞑想トレーニング」を聴いて緊張した脳と身体をゆっくりと和らげましょう。

音楽を聴きながらストレッチで身体を伸ばしたり、瞑想で目を閉じたりすると翌朝の身体の固さが意外と違うんです。

 

バリ島 癒しのリゾート ~快眠リフレッシュ~

忙しい毎日を送っていると、たまにはリフレッシュに旅行に行きたくなりますよね。しかしなかなか時間は取れないものです。

そんなときは近場の銭湯やスパ、岩盤浴などに行くとかなりリフレッシュできますが、行く気力がない!休日は寝ていたい!なんて人も多いはず。

そんなときは自宅のベッドか布団に横になって「バリ島 癒しのリゾート ~快眠リフレッシュ~」を聴きましょう。自然と身体の力が抜けて心と身体がリセットできます。

 

いかがでしたでしょうか。

Apple Music以外のSpotifyやAWA、LINE MUSICといった音楽ストリーミングサービスでもタイトルで検索すればヒットすると思います。

音楽を聴いてリフレッシュしたいときは、ぜひ普段使っているサービスで検索してプレイリストに追加してみてください。

 

今日はここまで。